2012年10月07日

沖縄の報告

ひらめき会員の児玉さんから、沖縄に行ってきた報告を寄せて頂きました。

   9月23日に沖縄にある普天間基地、嘉手納基地、辺野古、高江に行ってきた。
 普天間基地にはオスプレレイズを配備しようと米軍が狙っていて、日本政府もそれを拒否しない。日本政府は国民のための政府かと疑わざるを得ない行動である。私たちが行った時には輸送機のハーキュリーズ(多分)が滑走路にとまっていた。基地の動きは見えなかった。しかし、基地の周りは写真のように建物がぎっしりと建っている、この中には小学校や保育園などもある。ヘリが墜落した沖縄国際大学も。
 嘉手納基地も動きは見られなかったが、輸送機や爆撃機などが格納庫の外に出ていた。辺野古では、この日も数人の方が座り込みをしていた。私たちは現状を聞き連帯を深めた。
http://www.mco.ne.jp/~herikiti/sit-in.html
 最後に、東村の高江のヘリパッド反対で座り込みを行っているテントに行った。
ここは、オスプレイが配備されると訓練が行われる場所の一つだ。残念ながら基地の中では工事が進んでいる。
http://takae.ti-da.net/
 日本政府が米政府に対してきちんと、オスプレイ持ち込みを止めるように対応する必要があるとあらためて思った。日本政府は国民のための政府であって欲しい。

okinawa01.jpg
okinawa02.jpgokinawa03.jpgokinawa04.jpgokinawa05.jpgokinawa06.jpg


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
posted by つくば平和の会 at 00:00| Comment(0) | へいわ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
つくば平和の会の連絡先 peace.tsukuba@gmail.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。